2017年01月16日

第2クール たった3ヶ月で英語脳の構築ができる 74/90





【ファンクションメソッドオンライン講座の3つ目の副教材】

オンライン講座をさらに充実させるために3つ目の副教材して「基本16動詞語彙力増強英会話実況中継」を加えることにしました。今回の「第1講座be動詞編系列ガイダンス」の動画はそのサンプルです
これは全16時間に及ぶ動画であり、私の音声解説を加えたものです。

今まで受講されている方は
英会話通信講座 STEP3 「ムリなく話せるイメトレ英会話学習法」のカテゴリの冒頭から入ることができます。
※受講に興味ある方は、
「基本16動詞語彙力増強英会話実況中継」の目次がご覧になれます。

http://trekking1.seesaa.net/category/26331518-1.html 

【どうして日本人は英語を話せないのか?】

たった16の動詞で日常会話のすべてができると指摘したのはイギリスの言語学者、C. K. Ogden (1889-1957)だ。彼はたった850語が20,000語に相当する働きをするとし、Basic Englishというものを提唱した。
この内動詞だけに注目すれば、動詞はたった16だ。彼は無制限な語彙を使わなくても、英語は造語法*や一定の範囲の方位語(方位副詞。前置詞)の組み合わせで多様な意味を表し、しかも英語のネイティブスピーカーにはそのような表現を好んで使う傾向があるとした。

● 「動詞を軽くする」ということ

 英会話の上達は、簡単な言葉いかに使うか、つまりなるべく「よく働いてくれる言葉」をどう使うかにかかっている。これは特に動詞に当てはまることで、たとえば get ですべての英語表現ができると豪語する人もいる。

 
「使いこなせる英語」における単語数ということで、ここに特筆したいのは、イギリスの言語学者 C. K.
Ogden(1889-1957)だ。彼はたった850語で英語ですべての表現ができるとする Basic English
の創始者であり、彼はこのように述べている。

 It is an English in which 850 words do all the work of 20,000
 and has been formed by taking out everything which is not
 necessary to the sense.


 (Basic Englishとは、850語で、20,000語に相当する働きをする
 英語であり、意味を表すのに必要でないものは一切省くことによってでき上がっている)

ここでBasic English についてくわしく述べる余裕はないが、特に動詞だけに注目すると、彼が必要とした動詞はたった16 だ。

  be, have, do, make, get, give, put, take, keep,
  let, go, come, seem, say, see, send

 彼はたったこれだけで、英語のすべてが表現できるとしたのだ。私たちが今まで習ってきて、誰もが知っている動詞がないことにおそらくショックを受ける人も多いだろう。

  read, write, buy, sell, run, walk, cry, smile, etc.

 私がここで指摘したいのは、たった16の動詞ですべてが表現できるなら、それだけを学んだらいい、ということではない。しかしこれらの基本的な語を使いこなせなければ、いくら覚えた動詞の数を誇っても、「使いこなせる英語」にはならないということだ。

彼らは、readをreader,writeをwriter,buyをbuyer,sellをseller,runをrunner,walkをwalker、あるいはcryをhave a cry, smileをhave a smileと表現する。

これが彼らの生の会話だ。

● 英語は<形容詞+名詞>言語だ !

日本語が<動詞+副詞>言語であり、英語が<形容詞+名詞>言語であることを知っておられるだろうか。

 例えば、「あなたは上手に英語を話しますね」という日本文を英作すると、「話す」は speak 、「上手に」は wellということで次のように英作する人は多い。

  You speak English well.

 確かに、この英作は間違っていない。しかし次のように be動詞を使った英作も可能だ。

  You are a good speaker of English.

 すべての動詞に当てはまるわけではないが、動詞に erや or 、arをつけて「いつもそうする人」といった意味になる。これだと be 動詞だけの変化だけで、過去形や未来形、現在完了形を表現できる。

 一方、一般動詞 speak を使うと、それらの過去形やing形などの変化形の問題があるばかりか、この表現ではその「行為」が強調され、「いつもそうする人だ」という感じは出ない。
 次ページにあげた動詞フレーズのうち、左にあげたものは<動詞+副詞>、右にあげたものは<形容詞+名詞>となっている。

 
たとえば、drink の過去形は drank、smokeの過去形は smoked だと考えなくても、was, were
ですむわけだ。あるいは副詞を覚えることもなくなる。くり返しとなるが、「動詞はなるべく軽くする」というのが、英会話上達の大きなポイントの一つであ
り、ネイティブも日常会話で多用している。

 <動詞 + 副詞 >    be+ <形容詞+名詞>
  drink heavily    be a heavy drinker
  smoke heavily    be a heavy smoker
  work hard      be a hard worker
  speak well      be a good speaker

  You were a heavy drinker.
  あなたは酒飲みだったね /(あの時)酒をよく飲んだね

  You have ever been a heavy drinker.
  あなたはかつて酒飲みだったね

  You will be a heavy drinker.
  あなたは酒飲みになるよ

  You used to be a heavy drinker.
  あなたは以前は酒飲みだったね

※ used to 〜は「以前は〜だった」という意味だが、「今はそうではない」という含みがある。

--------------------------------------
 当講座は3ヶ月単位となっていますが、講座はくり返し続きます。
 登録料の意味は、「くり返し受講」ができます。
  以下は、次回からのオンライン講座開講中のブログです。
  ファンクションメソッド 英会話通信講座 STEP3 「ムリなく話せるイメトレ英会話学習法
--------------------------------------


スポンサードリンク



[当研究会からのお知らせ]


当研究会からのお知らせ


Sample ファンクションメソッド独習テキスト
Sample 英会話発想トレーニング ALL
Sample 日常英会話必須基本16動詞HTML版
Sample ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞HTML版
Sample English-trekking vol-1 Basic
Sample English-trekking vol-3 Fundamental

ファンクションメソッドオンライン講座

ファンクションメソッド英語研究会カート

dlmarketカート


ファンクションメソッド英語研究会
スポンサードリンク

第2クール たった3ヶ月で英語脳の構築ができる 74/90





【ファンクションメソッドオンライン講座の3つ目の副教材】

オンライン講座をさらに充実させるために3つ目の副教材して「基本16動詞語彙力増強英会話実況中継」を加えることにしました。今回の「第1講座be動詞編系列ガイダンス」の動画はそのサンプルです
これは全16時間に及ぶ動画であり、私の音声解説を加えたものです。

今まで受講されている方は
英会話通信講座 STEP3 「ムリなく話せるイメトレ英会話学習法」のカテゴリの冒頭から入ることができます。
※受講に興味ある方は、
「基本16動詞語彙力増強英会話実況中継」の目次がご覧になれます。

http://trekking1.seesaa.net/category/26331518-1.html 

【どうして日本人は英語を話せないのか?】

たった16の動詞で日常会話のすべてができると指摘したのはイギリスの言語学者、C. K. Ogden (1889-1957)だ。彼はたった850語が20,000語に相当する働きをするとし、Basic Englishというものを提唱した。
この内動詞だけに注目すれば、動詞はたった16だ。彼は無制限な語彙を使わなくても、英語は造語法*や一定の範囲の方位語(方位副詞。前置詞)の組み合わせで多様な意味を表し、しかも英語のネイティブスピーカーにはそのような表現を好んで使う傾向があるとした。

● 「動詞を軽くする」ということ

 英会話の上達は、簡単な言葉いかに使うか、つまりなるべく「よく働いてくれる言葉」をどう使うかにかかっている。これは特に動詞に当てはまることで、たとえば get ですべての英語表現ができると豪語する人もいる。

  「使いこなせる英語」における単語数ということで、ここに特筆したいのは、イギリスの言語学者 C. K. Ogden(1889-1957)だ。彼はたった850語で英語ですべての表現ができるとする Basic English の創始者であり、彼はこのように述べている。

 It is an English in which 850 words do all the work of 20,000
 and has been formed by taking out everything which is not
 necessary to the sense.


 (Basic Englishとは、850語で、20,000語に相当する働きをする
 英語であり、意味を表すのに必要でないものは一切省くことによってでき上がっている)

ここでBasic English についてくわしく述べる余裕はないが、特に動詞だけに注目すると、彼が必要とした動詞はたった16 だ。

  be, have, do, make, get, give, put, take, keep,
  let, go, come, seem, say, see, send

 彼はたったこれだけで、英語のすべてが表現できるとしたのだ。私たちが今まで習ってきて、誰もが知っている動詞がないことにおそらくショックを受ける人も多いだろう。

  read, write, buy, sell, run, walk, cry, smile, etc.

 私がここで指摘したいのは、たった16の動詞ですべてが表現できるなら、それだけを学んだらいい、ということではない。しかしこれらの基本的な語を使いこなせなければ、いくら覚えた動詞の数を誇っても、「使いこなせる英語」にはならないということだ。

彼らは、readをreader,writeをwriter,buyをbuyer,sellをseller,runをrunner,walkをwalker、あるいはcryをhave a cry, smileをhave a smileと表現する。

これが彼らの生の会話だ。

● 英語は<形容詞+名詞>言語だ !

日本語が<動詞+副詞>言語であり、英語が<形容詞+名詞>言語であることを知っておられるだろうか。

 例えば、「あなたは上手に英語を話しますね」という日本文を英作すると、「話す」は speak 、「上手に」は wellということで次のように英作する人は多い。

  You speak English well.

 確かに、この英作は間違っていない。しかし次のように be動詞を使った英作も可能だ。

  You are a good speaker of English.

 すべての動詞に当てはまるわけではないが、動詞に erや or 、arをつけて「いつもそうする人」といった意味になる。これだと be 動詞だけの変化だけで、過去形や未来形、現在完了形を表現できる。

 一方、一般動詞 speak を使うと、それらの過去形やing形などの変化形の問題があるばかりか、この表現ではその「行為」が強調され、「いつもそうする人だ」という感じは出ない。
 次ページにあげた動詞フレーズのうち、左にあげたものは<動詞+副詞>、右にあげたものは<形容詞+名詞>となっている。

  たとえば、drink の過去形は drank、smokeの過去形は smoked だと考えなくても、was, were ですむわけだ。あるいは副詞を覚えることもなくなる。くり返しとなるが、「動詞はなるべく軽くする」というのが、英会話上達の大きなポイントの一つであ り、ネイティブも日常会話で多用している。

 <動詞 + 副詞 >    be+ <形容詞+名詞>
  drink heavily    be a heavy drinker
  smoke heavily    be a heavy smoker
  work hard      be a hard worker
  speak well      be a good speaker

  You were a heavy drinker.
  あなたは酒飲みだったね /(あの時)酒をよく飲んだね

  You have ever been a heavy drinker.
  あなたはかつて酒飲みだったね

  You will be a heavy drinker.
  あなたは酒飲みになるよ

  You used to be a heavy drinker.
  あなたは以前は酒飲みだったね

※ used to 〜は「以前は〜だった」という意味だが、「今はそうではない」という含みがある。

--------------------------------------
 当講座は3ヶ月単位となっていますが、講座はくり返し続きます。
 登録料の意味は、「くり返し受講」ができます。
  以下は、次回からのオンライン講座開講中のブログです。
  ファンクションメソッド 英会話通信講座 STEP3 「ムリなく話せるイメトレ英会話学習法
--------------------------------------


スポンサードリンク



[当研究会からのお知らせ]


当研究会からのお知らせ


Sample ファンクションメソッド独習テキスト
Sample 英会話発想トレーニング ALL
Sample 日常英会話必須基本16動詞HTML版
Sample ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞HTML版
Sample English-trekking vol-1 Basic
Sample English-trekking vol-3 Fundamental
Sample English-trekking vol-5 Essential 2








ファンクションメソッドオンライン講座







ファンクションメソッド英語研究会カート







dlmarketカート














ファンクションメソッド英語研究会
スポンサードリンク

2017年01月13日

第2クール たった3ヶ月で英語脳の構築ができる 73/90




【ファンクションメソッドオンライン講座の3つ目の副教材】

オンライン講座をさらに充実させるために3つ目の副教材して「基本16動詞語彙力増強英会話実況中継」を加えることにしました。今回の「第1講座be動詞編系列ガイダンス」の動画はそのサンプルです
これは全16時間に及ぶ動画であり、私の音声解説を加えたものです。

今まで受講されている方は
英会話通信講座 STEP3 「ムリなく話せるイメトレ英会話学習法」のカテゴリの冒頭から入ることができます。
※受講に興味ある方は、
「基本16動詞語彙力増強英会話実況中継」の目次がご覧になれます。

http://trekking1.seesaa.net/category/26331518-1.html 

たった16の動詞で日常会話のすべてができると指摘したのはイギリスの言語学者、C. K. Ogden (1889-1957)だ。彼はたった850語が20,000語に相当する働きをするとし、Basic Englishというものを提唱した。
この内動詞だけに注目すれば、動詞はたった16だ。彼は無制限な語彙を使わなくても、英語は造語法*や一定の範囲の方位語(方位副詞。前置詞)の組み合わせで多様な意味を表し、しかも英語のネイティブスピーカーにはそのような表現を好んで使う傾向があるとした。


つまりオグデンのベーシックイングリッシュ日本語の当用漢字みたいなものと言えます。
彼らが英語を言葉して発する根底に16の「よく働く動詞」と方位語との組み合わせの発想があります。このことは彼らの英英辞書の説明はこれらの語句が多く使われていることを知るべきです。

私が著した本の中に,1996年に「英作文 逆転の発想法」日本実業出版社刊というものがあります。その中で,私は,本来、外国語の習得というものは母国語を外国語に翻訳する、つまり自分の思っていること、情報を外国語を手段として相手に伝えることこそが基本にあるべきだと述べました。

  The most important part of learning any language is translating into it rather than out of it.             By Davis Daiches

ところが日本の英語教育は英語を日本語に翻訳する技術ばかりを教えられてきたのです。英文をどのように生産するか、そのトレーニングが日本の英語教育にまったく欠けているのです
それも「書き言葉」を中心とした英文読解であり、ネイティブの「ふだん使いの英語」、つまり話し言葉を教えられなかったということです。

留学したり、海外駐在経験のある人なら、「彼らは私たちが習ってきた英語とは別な言葉を話している」といった経験をします。
私が、【オンライン講座の3つ目の副教材】として選んだのは日本語の当用漢字みたいなもの」をぜととも言葉として身につけていただきたいからです。

【今日の学習】

 自由に英語を話すための最短学習プログラム 一般動詞フレーズの文の生産

go anywheregoing anywheregone anywhere
@ 現在形動詞フレーズA 過去形動詞フレーズ
go(es) somewherewent anywhere
B 原形動詞フレーズ C ing形動詞フレーズ D ed形動詞フレーズ
一般動詞5段活用 V感覚(動詞)どこかに行く 

【ファンクションメソッド 一般動詞フレーズ5段活用】 表現展開の例
@ 現在形動詞レーズ 「現在の事実・習慣を表す]
  Do you go anywhere?  
  あなたは、(ふだん、今)どこかに行ってるの?/行くの?
A 過去形動詞レーズ 「過去の一時点の事実を表す]
  Did you go anywhere?  
  あなたは、(その時)どこかに行ったの?
B 原形動詞フレーズ 未来形・情緒表現 「未来の事実・情緒などを表す] 
  Will you go anywhere?  
  あなたは、(これから)どこかに行くの?
  Are you going to go anywhere?  
  あなたは、(これから)どこかに行く予定なの?
  Do you have to go anywhere?  
  あなたは、(これから)どこかに行かなければならないの?
  Do you want to go anywhere?  
  あなたは、(これから)どこかに行きたいの?
C ing形動詞フレーズ 「継続的な意味などを表す] 
  Are you going anywhere?  
  あなたは、(今)どこかに行こうとしてるの?
D ed形動詞フレーズ 「過去を背負った現在の付帯状況]  現在完了形
  Have you ever gone anywhere?  
  あなたは、今までどこかに行ったの?

※以下は、主語をIとする肯定表現です。go somewhereとなることに注意。

@ 現在形動詞レーズ 「現在の事実・習慣を表す]
  I go somewhere.  
  あなたは、(ふだん、今)どこかに行ってるよ
A 過去形動詞レーズ 「過去の一時点の事実を表す]
  I went somewhere.  
  あなたは、(その時)どこかに行った
B 原形動詞フレーズ 未来形・情緒表現 「未来の事実・情緒などを表す] 
  I will go somewhere.  
  あなたは、(これから)どこかに行きます
  I may go somewhere.  
  あなたは、(これから)どこかに行くかもしれません
  I am going to go somewhere.  
  あなたは、(これから)どこかに行く予定です
  I have to go somewhere.  
  あなたは、(これから)どこかに行かなければなりません
  I want to go somewhere.  
  あなたは、(これから)どこかに行きたいです
C ing形動詞フレーズ 「継続的な意味などを表す] 
  I am going somewhere.  
  あなたは、(今)どこかに行こうとしています
D ed形動詞フレーズ 「過去を背負った現在の付帯状況]  現在完了形
  I have ever gone somewhere.  
  あなたは、今までどこかに行っていました
--------------------------------------
 当講座は3ヶ月単位となっていますが、講座はくり返し続きます。
 登録料の意味は、「くり返し受講」ができます。

  以下は、次回からのオンライン講座開講中のブログです。
  ファンクションメソッド 英会話通信講座 STEP3 「ムリなく話せるイメトレ英会話学習法

--------------------------------------

 スポンサードリンク



[当研究会からのお知らせ]


当研究会からのお知らせ


Sample ファンクションメソッド独習テキスト
Sample 英会話発想トレーニング ALL
Sample 日常英会話必須基本16動詞HTML版
Sample ネイティブが選んだ日常会話必須基本62動詞HTML版
Sample English-trekking vol-1 Basic
Sample English-trekking vol-3 Fundamental
Sample English-trekking vol-5 Essential 2

ファンクションメソッドオンライン講座

ファンクションメソッド英語研究会カート

dlmarketカート


ファンクションメソッド英語研究会
スポンサードリンク