2017年05月09日

第3クールどうして3ヶ月で英語脳の構築ができるか 71/90


【どうして日本人は英語を話せないのか?】


またまたテレビを見ていると日本語を上手に話している外国の人がたくさん出ているということについて述べたい。
ネットに外国の人たちが日本語を簡単に話せる教本みたいなものがあると紹介されていた。
それは日本語を話す場合、「私は」などとやらずに動詞のフレーズだけを日本語で話すといい、という。
例えば、「私」「風邪ひているよ」などと覚えるのだろう。
しかし私たちが受けた教育文法の問え方はどうだろうか。
それは、
「私は」「ゲットする」「
風邪を」と、主語+動詞+目的語などと教えていることだ。これでは英語が言葉として蓄積・定着できるはずがない。それは英文読解のためのものでしかない。
どうして、Get a cold=「風邪をひく」、あるいはCatch a coldなどととらえようとしないのか?日本人以外は、このようにとらえるから、簡単に英語が話せるのだ。
Don't get a cold.(風邪をひくなよ)、I am getting a cold.(風邪をひきそうだよ)、I don't want get a cold.(風邪をひきたくないよ)、このような 表現展開ができることが、このオンライン講座の目的だ。
ちなみに「風邪をうつす」は、give a cold.となる。言うまでもなくこれは16の動詞だ。
Don't give me a cold.(私に風邪をうつさないで)、You've got me a cold.(あなだが風邪をうつしたのよ)

【今日の学習】

CHAPTER 2
 好き嫌いは子どもの最大の興味


● 同じ likeが「欲しい」という意味に !
Introductionで、I want milk.をとりあげたが、ここではそのていねいな表現である I would[should] like 〜「私は〜が欲しい」と、その疑問形である Would you like
〜?「あなたは、〜が欲しいですか?」の文に転換する例を、【イメトレNo.7】で追体験していただこう。

 また【イメトレNo.8】では、May Iとhaveの動詞フレーズが結びついた「いただけますか?」の表現だ。「欲しい」と「いただけますか?」という表現は主体(主語)を変えた表現となる。
 
ここで確認してほしいのは、I'd like 〜「私は〜が欲しい」という表現も、May I have
〜?の表現も、同じ発想が根底にあるということだ。つまり、まず「like 〜」とか「have 〜」といった動詞フレーズが元にあって、そのうえに Iwould や May I などのファンクションフレーズがつく。
 ほかに、これらの動詞が wantやneed(必要だ)などに変わっても、基本的に同じしくみとなっていることは言うまでもない。余裕があれば I'd like some
milk.を、I want some milk.や I need some milk.などに変えて表現してみよう。

  I want some drink.
  I'd like some drink.
  I need some drink.
  Do you want some drink?
  Would you like some drink?
  Do you need some drink?
  May I have some drink?

※相手にものを勧める場合、疑問形になってもanyではなくsomeを使う。

【イメトレ No.7】likeの動詞フレーズ (2)
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※イメトレ学習法でのネイティブよる音声は以下のように進むことになる。
学習される方は、まずlike some foodなどのワンフレーズ(※赤文字部分)を口に出して表現し、それができてからI'dなど英文の生産をしていただくことになる。
もちろん、同じ動詞フレーズを使ってwant some(ほしい)とかneed food(必要です)、逆にCan IやMay Iといったファンクションフレーズを使って。ただし動詞フレーズはhave some となります。

(1) I'd like some food.
  私、食べ物が欲しいです
(2) I would like tea with milk.
  私、ミルクティーが欲しいです

(6) Would you like some fruit?
  あなた、果物はいかがですか?
(7) Would you like some more cake?
  あなた、もう少しケーキはいかがですか?

【イメトレ No.8】haveの動詞フレーズ
(2) Can I have another cup of coffee, please?
  コーヒーのお代わりをくれますか?

(9) May I have some fruit?
  フルーツをいくらかくださいますか?
(10) May I have some Japanese tea?
  日本茶をいただけますか?

※ Can I は友達どうしなど親しいものどうしなどに使い、May I はていねいな表現となり見知らぬ人や目上の人に使う。

このブログは、「ファンクションメソッド 英会話通信講座 STEP3 「ムリなく話せるイメトレ英会話学習法」に準拠しています。オンライン講座専用ページはご覧のソネットブログを使っての配信となります.
このブログはiOS (iPhone)、Android (Mobile)で閲覧に強いことで知られています。
受講者の方は今までお伝えしたシーサーブログのIDとpasswordを使って使用してください。但し、シーサーブログの記事はそのまま使用していただけます.

 http://jet2020.blog.so-net.ne.jp


スポンサードリンク


[当研究会からのお知らせ]


当研究会からのお知らせ
ファンクションメソッド英語研究会
ファンクションメソッドオンライン講座
ファンクションメソッド英語研究会カート
dlmarketカート
スポンサードリンク