2009年03月17日

私はテニスをするつもりです


この教材をこなした生徒たちは簡単に英作ができるようになります。
つまりこれが「英語が話せる」ということです。
彼らは日本語の音声が流れてくると、とっさにネイティブの人よりも早く英文を口にします。
どうしてこのようになるのか、理由は二つあります。
彼らは1年生のときに、I am happy.とかShe is happy.などの英作をこなしているからです。
それができているから、それがI am going toやShe is going toになっても何らのストレスもないからです。

そしてこれが一番大切なことですが、この教材は一貫して「行為や状態」はひとまとまりのものと教えているから、彼らの頭には以下の動詞フレーズが蓄積しているのです。

 play tennis
 visit Nara
 go to America
 come to Japan
 make a big cake


これが、この教材が生徒たちだけではなく、社会人の方にも使われているワケです。

2年・第6級 @ 確  認  学  習
課題 未来形 be going to ~とwill


    アィ アム  ゴウイング トゥ プれィ    テニス
【基本文】I am going to play tennis.
     私はテニスをするつもりです


[1] be going to ~ 肯定文
be going to ~のgoingは、主体(主語)の心理的に進行状態になっていることを意味します。
つまり、to以下に導かれる「ひとまとまりの行為や状態」へと向かう心理的な状態になっていることを表していることになります。
この場合、「ひとまとまりの行為や状態」は原形動詞フレーズであらわします。
そこで、be going to ~は、「〜するつもりだ」とか「〜でしょう」と未来の意味を持つことになります。

[英文の生産]
 Play tennis.   I am going to play tennis.
 テニスをする --> 私はテニスをするつもりです

 I am going to ~   We are going to ~
 You are going to ~  You are going to ~
 He is going to ~
 She is going to ~ They are going to ~
 It is going to ~
  例It is going to rain.
   雨が降りそうです

例.私は明日、テニスをするつもりです。
   <〜は ドウする文>
 @ 私は 〜するつもりだ → I am going to
 A テニスをする      → play tennis
(完成文) → I am going to play tennis.

1. 私たちは奈良(Nara)を訪れるつもりです。
   <〜は ドウする文>
 @ 私たちは 〜するつもりだ →___________________
 A 奈良を訪れる       →___________________
(完成文) →_______________________________________

2. 彼はアメリカに行く予定です。
   <〜は ドウする文>
 @ 彼は 〜するつもりだ  →___________________
 A アメリカに行く  →___________________
(完成文) ⇨

3. トムは日本に来る予定です。
   <〜は ドウする文>
 @ トムは 〜するつもりだ →___________________
 A 日本に来る       →___________________
(完成文) →_______________________________________

4. 彼女は大きなケーキ(単)を作るつもりです。
   <〜は ドウする文>
@ 彼女は 〜するつもりだ →___________________
A 大きなケーキを作る   →___________________
(完成文) →_______________________________________

5. 彼らは英語を勉強するつもりです。
   <〜は ドウする文>
 @ 彼らは 〜するつもりだ →___________________
 A 英語を勉強する  →___________________
(完成文) →_______________________________________


オンライン通信講座受講者用ページスポンサードリンク
posted by cominica at 15:46 | Comment(0) | 第6級未来形の用法 be going toとwill | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月18日

私たちは京都(Kyoto)を訪れるつもりはありません。


前回の続きです。

[U] be going to ~ 否定文
否定文は、be not going to ~となるだけで、be動詞の否定文と同じです。

[英文の生産]

Play tennis. I am not going to play tennis.
テニスをする --> 私はテニスをするつもりはありません

 I am not going to ~    We are not going to ~
 You not are going to ~   You are not going to ~
 He is not going to ~
 She is not going to ~   They are not going to ~
 It is not going to ~
 ※ 短縮形は、I'm going to ~やHe isn't ggoing to~やWe aren't going to ~などとなります。

2年・第6級 B 語  順  問  題
課題 未来形 be going to ~の用法 否定形


例.  私はテニスをするつもりはありません。
<〜は ドウする文>
 @ 私は 〜つもりはない → I am not going to
 A テニスをする     → play tennis
(完成文) ⇨ I am not going to play tennis.

1. 私たちは京都(Kyoto)を訪れるつもりはありません。 ※以下短縮形で
<〜は ドウする文>
 @ 私たちは 〜つもりはない → __________________
 A 京都を訪れる       → __________________
(完成文) →_______________________________________

2. 彼はカナダに行く予定はありません。
<〜は ドウする文>
 @ 彼は 〜つもりはない   → __________________
 A カナダに行く       → __________________
(完成文) →_______________________________________

3. トムは日本に来ないだろう。
<〜は ドウする文>
 @ トムは 〜つもりはない → __________________
 A 日本に来る       → __________________
(完成文) →_______________________________________

4.  彼女は大きなケーキ(単)を作らないだろう。
<〜は ドウする文>
 @ 彼女は 〜つもりはない → __________________
 A 大きなケーキを作る   → __________________
(完成文) →_______________________________________

5. 彼らは英語を勉強しないだろう。
<〜は ドウする文>
@ 彼らは 〜つもりはない → __________________
A 英語を勉強する     → __________________
(完成文) →_______________________________________



さて、play tennisやvisit Naraといった表現は簡単なものです。
しかしこの英語のしくみ、英語の枠組みを身につけることが大切なのです。
これができるようになれば、give a presentaion(プレゼンテーションをする」とか、take action(行動を起こす)などに変わっても平気で英文を生産できることになるのです。


オンライン通信講座受講者用ページスポンサードリンク
posted by cominica at 13:33 | Comment(0) | 第6級未来形の用法 be going toとwill | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月19日

トムは日本に来る予定ですか?


前回の続きです。

[V] be going to ~ 疑問文
ここでも、be動詞の疑問文と同じです。

[英文の生産]
 Play tennis?   Are you going to play tennis?
 テニスをするの? --> あなたはテニスをするつもりですか?

  Are you going to ~?  Are you going to ~?
  Is he going to ~?
  Is she going to ~?  Are they going to ~?
  Is it going to ~?

(応答)
  Are you going to play tennis?
  あなたはテニスをするつもりですか?
  Yes, I am.      / No, I'm not.
  はい、するつもりです いいえ、するつもりはありません

2年・第6級 C 語  順  問  題
課題 未来形 be going to ~の用法 疑問形


例. あなたはテニスをするつもりですか?
<〜は ドウする文>
 @ あなたは 〜つもりか? → Are you going to
 A ケンテニスをする    → play tennis
(完成文) → Are you going to play tennis?

1. あなたがたは京都を訪れるつもりですか?
   <〜は ドウする文>
 @ あなたがたは 〜つもりか? →________________
 A 京都を訪れる       →________________
(完成文) →_______________________________________

2.彼はアメリカに行くつもりですか?
   <〜は ドウする文>
 @ 彼は 〜つもりか?    →________________
 A アメリカに行く     →________________
(完成文) →_______________________________________

3.トムは日本に来る予定ですか?
   <〜は ドウする文>
 @ トムは 〜つもりか?  →________________
 A 日本に来る       →________________
(完成文) →_______________________________________

4. 彼女は人形をいくらか作るつもりですか?
   <〜は ドウする文>
 @ 彼女は 〜つもりか?   →________________
 A いくらかの人形を作る  →________________
(完成文) →_______________________________________

5. 彼らは英語を勉強するつもりですか?
   <〜は ドウする文>
 @ 彼らは 〜つもりか?  →________________
 A 英語を勉強する    →________________
(完成文) →_______________________________________



さて、play tennisやvisit Naraといった表現は簡単なものです。
しかしこの英語のしくみ、英語の枠組みを身につけることが大切なのです。
これができるようになれば、give a presentaion(プレゼンテーションをする」とか、take action(行動を起こす)などに変わっても平気で英文を生産できることになるのです。
オンライン通信講座受講者用ページスポンサードリンク
posted by cominica at 15:55 | Comment(0) | 第6級未来形の用法 be going toとwill | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月20日

彼女は日本がとても好きになるでしょう


前回の続きです。

[W] willをつかって未来をあらわす
willは、「〜するつもりだ」とか「〜でしょう」といった未来の意味をあらわします。
またwillは原形動詞フレーズを導きます。

[英文の生産]
Play tennis.  I will play tennis.
テニスをする   --> 私はテニスをするつもりです

(ファンクションフレーズ)
 I will ~   We will ~
 You will ~  You will ~
 He will ~
 She will ~  They will ~
 It will ~

2年・第6級 E 語  順  問  題
課題 未来形 willの用法 肯定形


例. 私はあなたをお手伝いします。
   <〜は ドウする文>
 @ 私は 〜つもりだ → I will
 A あなたを手伝う   → help you
(完成文) → I will help you.

1. 私は明日、学校に行くつもりです。
   <〜は ドウする文>
 @ 私は 〜つもりだ  →_______________
 A 学校に行く     →_______________
(完成文) →_______________________________________

2. マイクは7時に、帰宅するでしょう。
   <〜は ドウする文>
 @ マイクは 〜つもりだ →_______________
 A 7時に帰宅する    →_______________
(完成文) →_______________________________________

3.彼はこの夏、アメリカに行くでしょう。 
   <〜は ドウする文>
 @ 彼は 〜つもりだ →_______________
 A アメリカに行く →_______________
(完成文) →_______________________________________

4. 彼女は日本がとても好きになるでしょう。
   <〜は ドウする文>
 @ 彼女は 〜つもりだ →_______________
 A 日本を好む →_______________
(完成文) →_______________________________________

5. 私たちは明日、あなたにお会いします。
   <〜は ドウする文>
 @ 私たちは 〜つもりだ  →_______________
 A あなたに会う       →_______________
(完成文) →_______________________________________



さて、go to schoolやcome home at sevenといった表現は簡単なものです。
しかしこの英語のしくみ、英語の枠組みを身につけることが大切なのです。
これができるようになれば、give a presentaion(プレゼンテーションをする」とか、take action(行動を起こす)などに変わっても平気で英文を生産できることになるのです。

オンライン通信講座受講者用ページスポンサードリンク
posted by cominica at 13:54 | Comment(0) | 第6級未来形の用法 be going toとwill | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月23日

私たちは明日、ひまになるでしょう。


前回の続きです。

[W] willをつかって未来をあらわす
willは、「〜するつもりだ」とか「〜でしょう」といった未来の意味をあらわします。
またwillは原形動詞フレーズを導きます。つまり例えばthirteen years oldはbe thirteen years oldとなります。
つまりbeがつくだけのことです。

[英文の生産]
Be happy.  I will be happy.
幸せだ   --> 私は幸せになるつもりです

(ファンクションフレーズ)
 I will ~   We will ~
 You will ~  You will ~
 He will ~
 She will ~  They will ~
 It will ~

2年・第6級 F 語  順  問  題
課題 未来形 willの用法 be動詞のフレーズ 肯定形


例.  私は13才になります。
<〜は ドンナだ文>
 @ 私は 〜になる  → I will
 A 13才       → be thirteen years old
(完成文) → I will be thirteen years old.

1. 私は幸せになります。
<〜は ドンナだ文>
 @ 私は 〜になる →_______________
 A 幸せな     →_______________
(完成文) →_______________________________________

2. マイク(Mike)は明日、忙しくなるでしょう。
<〜は ドンナだ文>
 @ マイクは 〜になる →_______________
 A 忙しい       →_______________
(完成文) →_______________________________________

3.  彼はよい選手になるでしょう。
<〜は ナニだ文>
 @ 彼は 〜になる  →_______________
 A よい選手     →_______________
(完成文) →_______________________________________

4.  彼女は14才になります。
<〜は ドンナだ文>
 @ 彼女は 〜になる  →_______________
 A 14才        →_______________
(完成文) →_______________________________________

5.  私たちは明日、ひまになるでしょう。
<〜は ドンナだ文>
 @ 私たちは 〜だろう  →_______________
 A ひまな         →_______________
(完成文) →_______________________________________



be busy, be a good player, be fourteen years old, be free tomorrow

さて、be freeやbe fourteen years oldといった表現は簡単なものです。
しかしこの英語のしくみ、英語の枠組みを身につけることが大切なのです。
これができるようになれば、be bored(退屈になる」とか、be moved(感動する)などに変わっても平気で英文を生産できることになるのです。


オンライン通信講座受講者用ページスポンサードリンク
posted by cominica at 14:43 | Comment(0) | 第6級未来形の用法 be going toとwill | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする