2009年06月04日

コミニカ英語教材(基礎編)3年 第3級


コミニカ英語教材(基礎編)
3年 第3級


  @ 関係代名詞の用法 [学習]‥‥3〜4
CD A 関係代名詞 主格の用法 whoとwhich [語順]‥‥5〜6
CD B 関係代名詞 主格の用法 whoとwhich [文法]‥‥7〜8
CD C 関係代名詞 主格の用法 whoとwhich [語順]‥‥9〜10
CD D 関係代名詞 主格の用法 whoとwhich 割り込み型 [語順]‥‥11〜12
CD E 関係代名詞 主格の用法 whoとwhich2文を1文に [文法]‥‥13〜14
CD F 関係代名詞 所有格の用法 whose [語順]‥‥15〜16
CD G 関係代名詞 所有格の用法 whose [文法]‥‥17〜18
CD H 関係代名詞 所有格の用法 whose [語順]‥‥19〜20
CD I 関係代名詞 所有格の用法 whose 割り込み型 [語順]‥‥21〜22
CD J 関係代名詞 所有格の用法 whose 2文を1文に [文法]‥‥23〜24
CD K 関係代名詞 目的格の用法 whoとwhich [語順]‥‥25〜26
CD L 関係代名詞 目的格の用法 whoとwhich [文法]‥‥27〜28
CD M 関係代名詞 目的格の用法 whoとwhich 割り込み型  [語順]‥‥29〜30
CD N 関係代名詞 目的格の用法 whoとwhich 2文を1文に [文法]‥‥31〜32

【学習の手引き】  
(1) 「学習」の項目は、プリントをよく読んで理解しましょう。
(2) 「語順」「英作」「応答」などの項目では、声を出しながら問題を解き、英作文にチャレンジしよう。
(3) なれてきたら、完成文だけを書いてもいいです。
(4) 完成文まで書き終えたら、あなたが作った英文をネイティブスピーカーはどう発音するか、CDで何度も聞き、あなたも後について読みましょう。
(5) 各級を終えたら、今度はCDだけ聴き、日本語の読み上げに続いて、すぐに英語で言ってみましょう。


  コミニカ中学英語<基礎編>

スポンサードリンク
posted by cominica at 13:43 | Comment(0) | 第3級関係代名詞の用法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月21日

(英語で)青い目をしている少女


[お知らせ]

毎年,「コミニカ中学英語基礎編」のご注文が3月に集中します。
今なら,ご注文の日の当日か次の日に配送が可能です。
なるべくお早い目にご注文いただければ幸いです。

また以下のアドレスは「コミニカ中学英語基礎編>」の教材内容です。
ただし、中1配当の第20級・19級,18級は除いています。

   「コミニカ中学英語基礎編>」もくじ


[今日の学習]

今まで,いわゆる「後置修飾」、つまり日本語の発想では後ろから訳さざるを得ない表現について述べてきました。

(1) something → to drink 不定詞の形容詞的用法
(2) the book → here 方位副詞の形容詞的用法
  the book → on the table 前置詞の形容詞的用法  
(3) the girl → playing tennis 〜 ing形動詞フレーズ(現在分詞)の形容詞的用法
(4) the book → written by him 〜 ed形動詞フレーズ(過去分詞)の形容詞的用法
(5) the book → he wrote 節で名詞を飾る用法(関係代名詞目的格の省略)

今回からいわゆる関係代名詞について述べていきます。
以前,このブログにビートルズのThe Long And Winding Roadという歌を紹介しました。これはその歌の最初の部分です。

   The Long And Winding Road
   
この部分に使われているthatは関係代名詞です。

The long and winding road that leads to your door
長くて曲が りくねった道(そしてそれは)君の戸口に導く
Will never disappear, I've seen that road before
(その道は)決してなくなること はない 私が以前見たそんな道

この説明を見られた方の中には違和感があった人もいたかもしれません。でもこれが英語発想を身につけるための方策です。

日本の英語教育は読解のため,つまり英文をどのようにして日本語へと変換するかということに基本がおかれています。
この関係代名詞では「〜したところの」と訳す工夫もその一つです。

The long and winding road (that leads to your door.)
(君の戸口に導くところの)長くて曲がりくねった道は
Will never disappear, I've seen that road before
)決してなくなること はない 私が以前見たそんな道

君の戸口に導く長くて曲がりくねった道は決してなくなることはない 私が以前見たそんな道です

ところで、この作業は書かれた英文を日本語訳へと変換するための作業です。確かにこのように教えられたら,関係代名詞によって導かれる節が主体を飾っている様子が理解できます。

しかし残念なことに、これによって英語発想を理解できなくなり,listeningはおろかreading、writing, speakingにも対応できないことになることです。

簡単に言えば,ネイティブは「戻り訳」をしなくても理解できると言うことを知っておいてください。

つまり英語に関わらず言葉というものは,話された順,書かれた順に意味をとらえる必要があるからです。
例えば,The long and winding road that leads to your doorというフレーズは,「長くて曲がりくねった道,(そしてそれは君の戸口に導く)と意味をとり,「それがどうなんだ」と耳を傾けるべきものなのです。
だから「それは決してなくならならない」と結ぶことになります。
これが英語の発想です。

さて関係代名詞には,who系列,which系列、that系列があります。

この歌に使われているthatは、もちろんthat系列のものですが、thatは「指し示す」意味を持っていて,「そしてそれは」といったことになります。

次回から,これらについての述べていきますが,今回は以下の教材のサンプルをご覧ください。
言うまでもなく,関係代名詞を使った文を生産するための予備学習となるものです。

ちなみに進行形や受身形を含めてbe動詞を使ったフレーズに注目してください。

  その机の上にいるネコ a cat which is on the desk
  テレビを見ている少女 the girl who is watching TV
  彼によって作られたいくつかの人形 some dolls which were made by him

これらのwhich is、who is、which wereをとると以下のようになります。

  その机の上にいるネコ a cat on the desk
  テレビを見ている少女 the girl watching TV
  彼によって作られたいくつかの人形 some dolls made by him

これが関係代名詞があまり日常会話で用いられない理由です。

今回はサンプルをご覧ください。ただしこれは「コミニカ中学英語基礎編」を社会人向きに改訂した「英語の九九 英会話発想トレーニング」のものです。
もちろん前者の教材では右の英文は記入することになります。

   「コミニカ中学英語基礎編」中3配当第3級

「コミニカ中学英語基礎編」は英文の生産の前段階としてこのようなフレーズの生産をプログラムしているのが特色です。
このような学習を経て一文の生産へと進んでいくことになります。
  
[コミニカ英作法]

 [1].昨日、ここに来た少年 
   @ その少年        → the boy
   A (彼は) 昨日ここに来た → who came here yesterday
   (完成文)  → the boy who came here yesterday

 [2].大学に通っている姉さん
   @ ある姉さん         → a sister
   A (彼女は)大学に通っている → who goes to college
   (完成文)  → a sister who goes to college

 [3].彼によって作られたいくつかの人形
   @ いくつかの人形         → some dolls
   A (それらは)彼によって作られた → which were made by him
   (完成文)  → some dolls which were made by him

 [4].青い目をしている少女
   @ ある少女           → a girl
   A (彼女は)青い目を有している → who has blue eyes
   (完成文)  → a girl who has blue eyes

【受講生の方に】
今回は休日なのでお休みです。

また疑問があれば,どんんどんメールをください。

ファンクションフレーズと補語・動詞フレーズとの順列組み合わせで英文が生産されます。
言うまでもありませんが、「コミニカ英作法」では@にはファンクションフレーズ、そしてAで補語・動詞フレーズと二段階のステップを経て英文を生産するのはこの英語発想を身につけるためなのです。

一日一日、プリントをこなすことでできるようになります。
英語の回路はこのようにして着実に生徒たちの頭に仕組まれていきます。

現在、先進的な塾やフリースクールにこの教材が導入されたり、英会話学習者が購入されているのは、日本で始めての世界水準の英会話学習法を展開しているからです。 

ちなみにオンライン講座の「受講期間」は「教材をやりとげるまで」となっていて、これはある意味で「無限」です。
このブログがある限り、今中学生の方でも社会人になってもぜひ訪れて英会話の学習を続けてください。
 
「しくみがわかる」ということと、実際の具体的な文の生産は別次元のことです。「英語の九九 英会話発想トレーニング」では、約3,400の英文の生産が、「コミニカ英語教材<基礎編>」ではそれ以上となっています。
これら2つの教材は「世界水準」で製作されています。

コミニカ英語教材<基礎編>●3ヶ月で、英語・英会話の土台の再構築が可能
 英会話とは英作の連続だ!

「コミニカ中学英語基礎編」で学習している人たちの声>
○この教材でなら話せるようになると思う。希望が湧いて来た。
○こんな教材の出現を待ち望んでいた。親子でやっています。
○初学者も再学習者も、楽しく学べて確かに英語が言葉として身につく
○すごい学習法の発明だ。目から鱗が落ちた。
○日本語の発想を生かして英作するから、誰でもできる。


「コミニカ英語教材<基礎編>」PDF版サンプル   コミニカ英語教材<基礎編>目次
「書いて覚える英作体験』をしていただきましょう。これはです。あなたの「英作力」をぜひ試してください。
下段のアドレスは音声です。
PDFサンプルはA4判1枚に2ページの印刷指定をしてプリントアウトをしてください。
各問題プリントには「評価 A・B・C」の欄がありますが、全問正解がA、誤答3問以内がB、誤答が4問以上あればCと評価してください。C評価はもう一度やり直しの判断基準としてください。
また慣れてきたら、完成文だけを書き込むこともぜひ試してください。
http://20.pro.tok2.com/~function/cominica-a/G1-01.pdfhttp://20.pro.tok2.com/~function/cominica-a/G1-01-kai.pdfhttp://20.pro.tok2.com/~function/cominica-a/grade-15/grade15-01.mp3
プリントアウトされたら、各問題文の(1) のフレーズに注目してください。「私は〜いる」「あなたは〜いる」「マイクは〜いる」などが表記されています。
あるいはこのことは否定形や疑問形での問題も同じです。
しかしこれらのファンクションフレーズは、別に現在進行形だからというものではありません。中学1年の15級ですでに覚えてしまったフレーズなのです。
だからこの教材で学習した生徒が、(1)のフレーズの英語を書かないで、一足飛びに完成文を書いてしまう、ということがわかっていただけると思います。
これって彼らの頭に「英語脳』が備わった証拠と言えるでしょう。

 「コミニカ中学英語基礎編 PDF版」
  コミニカ中学英語<基礎編>Aセット 13,500円(税込)
  PDF版CD-ROM 4枚
  コミニカ中学英語<基礎編>Bセット 18,000円(税込)
  PDF版CD-ROM 4枚AudioCD19枚 (約17時間の音声付き) 合計23枚セット
  コミニカ中学英語<基礎編> 団体使用 33,000円(税込)
  CD-ROM 2枚(約540分の音声付き)

--------------------------------------------------------------------------------
[ご注意]このブログに掲載されている文書・画像・映像・写真等の著作権はファンクションメソッド英語研究会(コミニカ英語研究会)中嶋太一郎に帰属し、許諾なく 複製・頒布を行うことは 法律で固く禁じられています。
特に各種「コミニカ英作法」「英語の九九ファンクションフレーズテーブル」等の使用について当研究会の許諾を得てください。
--------------------------------------------------------------------------------

オンライン通信講座受講者用ページスポンサードリンク
posted by cominica at 14:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第3級関係代名詞の用法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月22日

(英語で)私は、昨日ここに来た少年を知っています


[お知らせ]

毎年,「コミニカ中学英語基礎編」のご注文が3月に集中します。
今なら,ご注文の日の当日か次の日に配送が可能です。
なるべくお早い目にご注文いただければ幸いです。

また以下のアドレスは「コミニカ中学英語基礎編>」の教材内容です。
ただし、中1配当の第20級・19級,18級は除いています。

   「コミニカ中学英語基礎編>」もくじ

[今日の学習]

今まで,いわゆる「後置修飾」、つまり日本語の発想では後ろから訳さざるを得ない表現について述べてきました。

(1) something → to drink 不定詞の形容詞的用法
(2) the book → here 方位副詞の形容詞的用法
  the book → on the table 前置詞の形容詞的用法  
(3) the girl → playing tennis 〜 ing形動詞フレーズ(現在分詞)の形容詞的用法
(4) the book → written by him 〜 ed形動詞フレーズ(過去分詞)の形容詞的用法
(5) the book → he wrote 節で名詞を飾る用法(関係代名詞目的格の省略)

今回はいわゆる関係代名詞主格who, which, thatについて述べていきます。
以前,このブログにビートルズのThe Long And Winding Roadという歌を紹介しました。これはその歌の最初の部分です。

   The Long And Winding Road
   
この部分に使われているthatは関係代名詞です。

  The long and winding road (that leads to your door.)
  (君の戸口に導くところの)長くて曲がりくねった道は
  Will never disappear, I've seen that road before
  決してなくなること はない 私が以前見たそんな道

ネイティブは「〜するところの」と訳さなくても,意味は理解します。
これは当たり前のことです。
しかし私たちは「書かれて静止した英文」では,確かにこの関係代名詞thatを見つけ,それを上のように( )で示したところをまず訳し,日本語に変換することはできるでしょう。「〜するところの」の定規を使えば簡単なことです。

しかしいつもそんな「書かれ静止した英文」を読解できるだけでいいのでしょか。私には疑問です。

例えば,音声で流れてきた場合を想像してください。この文の最後まで聞いて,「ああ、これは関係代名詞の文で、それがThe long and winding roadを修飾している」ととらえることができたとしても,果たして間に合うでしょうか。

私が言いたいのは、きちんとした日本語に翻訳することと,英文の意味をとらえることとは別問題だということです。
私はこの「英文の意味をとらえること」を直聞直解と呼んでいます。
もちろんこれはReadingにおいての直読直解にもつながることです。

(日本語への翻訳)
  君の戸口に導く長くて曲がりくねった道は決してなくなることはない 

(直聞直解)
  長くて曲がりくねった道(そしてそれは)君の戸口に導く、決してなくなることはない 

  The wild and windy night that the rain washed away,
  激しく雨 降りの夜(そしてそれは)雨が洗い流した
  Has left a pool of tears crying for the day.
  (その夜は)一日中泣き明かして涙のたまりを残した

さて関係代名詞には,who系列,which系列、that系列があります。

この関係代名詞whoやwhichの意味は、「〜するとこころの」といった意味では決してありません。

関係代名詞のthatが(そしてそれは),whoは(誰なの? その人は)、whichは「どちらの?それは)の意味なのです。
つまりこれらの表現は,「謎解き」をする意味を持っていると私は考えます。

つまりこれら関係代名詞が現れたら,その提示された主題(名詞)を節(主語と動詞などが備わったもの)を使っての説明が始まるな、ととらえることが何より大切なことなのです。

今回はサンプルをご覧ください。
これは関係代名詞who, whichを使った英作です。

ただしこれは「コミニカ中学英語基礎編」を社会人向きに改訂した「英語の九九 英会話発想トレーニング」のものです。

   「コミニカ中学英語基礎編」中3配当第3級
  
[コミニカ英作法]

 [1].私は、昨日ここに来た少年を知っています。 
   @ 私はその少年を知っている → I know the boy
   A (彼は) 昨日ここに来た  → who came here yesterday
   (完成文)  → I know the boy who came here yesterday.

 [2].彼女には大学に通っている姉さんがいます
   @ 彼女は姉さんをユウする   → She has a sister
   A (彼女は)大学に通っている → who goes to college
   (完成文)  → She has a sister who goes to college.

 [3].あそこに彼によって作られたいくつかの人形があります
   @ (ほら) いくつかの人形がある  → There are some dolls
   A (それらは)彼によって作られた → which were made by him over there.
   (完成文)  → There are some dolls which were made by him

 [4].青い目の女の子は誰ですか? 
   @ その女の子は誰なの?     → Who is the girl
   A (彼女は)青い目を有している → who has blue eyes
   (完成文)  → Who is the girl who has blue eyes?

【受講生の方に】
今回は休日なのでお休みです。

また疑問があれば,どんんどんメールをください。

ファンクションフレーズと補語・動詞フレーズとの順列組み合わせで英文が生産されます。
言うまでもありませんが、「コミニカ英作法」では@にはファンクションフレーズ、そしてAで補語・動詞フレーズと二段階のステップを経て英文を生産するのはこの英語発想を身につけるためなのです。

一日一日、プリントをこなすことでできるようになります。
英語の回路はこのようにして着実に生徒たちの頭に仕組まれていきます。

現在、先進的な塾やフリースクールにこの教材が導入されたり、英会話学習者が購入されているのは、日本で始めての世界水準の英会話学習法を展開しているからです。 

ちなみにオンライン講座の「受講期間」は「教材をやりとげるまで」となっていて、これはある意味で「無限」です。
このブログがある限り、今中学生の方でも社会人になってもぜひ訪れて英会話の学習を続けてください。
 
「しくみがわかる」ということと、実際の具体的な文の生産は別次元のことです。「英語の九九 英会話発想トレーニング」では、約3,400の英文の生産が、「コミニカ英語教材<基礎編>」ではそれ以上となっています。
これら2つの教材は「世界水準」で製作されています。

コミニカ英語教材<基礎編>●3ヶ月で、英語・英会話の土台の再構築が可能
 英会話とは英作の連続だ!

「コミニカ中学英語基礎編」で学習している人たちの声>
○この教材でなら話せるようになると思う。希望が湧いて来た。
○こんな教材の出現を待ち望んでいた。親子でやっています。
○初学者も再学習者も、楽しく学べて確かに英語が言葉として身につく
○すごい学習法の発明だ。目から鱗が落ちた。
○日本語の発想を生かして英作するから、誰でもできる。


「コミニカ英語教材<基礎編>」PDF版サンプル   コミニカ英語教材<基礎編>目次
「書いて覚える英作体験』をしていただきましょう。これはです。あなたの「英作力」をぜひ試してください。
下段のアドレスは音声です。
PDFサンプルはA4判1枚に2ページの印刷指定をしてプリントアウトをしてください。
各問題プリントには「評価 A・B・C」の欄がありますが、全問正解がA、誤答3問以内がB、誤答が4問以上あればCと評価してください。C評価はもう一度やり直しの判断基準としてください。
また慣れてきたら、完成文だけを書き込むこともぜひ試してください。
http://20.pro.tok2.com/~function/cominica-a/G1-01.pdfhttp://20.pro.tok2.com/~function/cominica-a/G1-01-kai.pdfhttp://20.pro.tok2.com/~function/cominica-a/grade-15/grade15-01.mp3
プリントアウトされたら、各問題文の(1) のフレーズに注目してください。「私は〜いる」「あなたは〜いる」「マイクは〜いる」などが表記されています。
あるいはこのことは否定形や疑問形での問題も同じです。
しかしこれらのファンクションフレーズは、別に現在進行形だからというものではありません。中学1年の15級ですでに覚えてしまったフレーズなのです。
だからこの教材で学習した生徒が、(1)のフレーズの英語を書かないで、一足飛びに完成文を書いてしまう、ということがわかっていただけると思います。
これって彼らの頭に「英語脳』が備わった証拠と言えるでしょう。

 「コミニカ中学英語基礎編 PDF版」
  コミニカ中学英語<基礎編>Aセット 13,500円(税込)
  PDF版CD-ROM 4枚
  コミニカ中学英語<基礎編>Bセット 18,000円(税込)
  PDF版CD-ROM 4枚AudioCD19枚 (約17時間の音声付き) 合計23枚セット
  コミニカ中学英語<基礎編> 団体使用 33,000円(税込)
  CD-ROM 2枚(約540分の音声付き)

--------------------------------------------------------------------------------
[ご注意]このブログに掲載されている文書・画像・映像・写真等の著作権はファンクションメソッド英語研究会(コミニカ英語研究会)中嶋太一郎に帰属し、許諾なく 複製・頒布を行うことは 法律で固く禁じられています。
特に各種「コミニカ英作法」「英語の九九ファンクションフレーズテーブル」等の使用について当研究会の許諾を得てください。
--------------------------------------------------------------------------------

オンライン通信講座受講者用ページスポンサードリンク
posted by cominica at 15:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第3級関係代名詞の用法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする