2009年03月09日

英語にはbe動詞系列と、一般動詞系列の2つしかありません

 
ファンクションメソッド英語研究会の各種教材の購入やオンライン講座受講を考えている方に!
今回は、当研究会配信のメルマガ、ブログ共通記事です。

どうして英語が自由に話せないのか?
長年英会話学習をしてもことばを覚えきれない、場面に応じて自由に会話ができない、これは多くの人の悩みだと思います。
どうしてか?、その原因は教育文法やそれを元にした市販の英会話の文法書にあります。NHKの英会話もののテキストもまったく同じです。
言うまでもなく、この文法理論は英文を日本文に置き換えるためのもの、つまり日本だけで使われている(あるいは韓国で?)読解用のもので、「話すための文法理論」ではないからです。
この理論に共通するのは、まず主語を訳し、次に補語や目的語を訳し、動詞部を訳す発想です。これを「後戻り訳」と言います。したがって動詞部を単なる動詞の変化ととらえることになります。
「助動詞+動詞の原形」「進行形はbe動詞+現在分詞」「現在完了形はhave[has]+過去分詞」、こんな説明を聞いたことがあると思います。さらに「不定詞はto+動詞の原形」「動名詞は動詞のing形」といったものも。

●単に動詞の変化ととらえる教育文法
(1) She is home. 
(ふだん、今)いる、家に
(2) She was home. 
いた、家に
(3) She will be home. 
いるつもり、家に
  She wants to be home. 
欲する、いる、家に 不定詞
 * She likes being home. 
好む、いる、家に 動名詞
(4) She has been home. 
ずっといる、家に

is, was, will be, has been,being
「いる」「いた」「いるつもり」「ずっといる」「いること」

(1) She takes a walk. 
(ふだん)する。散歩を
(2) She took a walk. 
した、散歩を
(3) She will take a walk. 
するつもり、散歩を
  She wants to take a walk. 
欲する、すること、散歩を
(4) She is taking a walk. 
(今)している、散歩を
 * She likes taking a walk. 
好む、すること、散歩を 動名詞
(5) She has taken a walk. 
(ちょうど)したところだ、散歩を

takes, took, will take, has taken, is taking, taking
「する」「した」「するつもり」「したところ」「している」「すること」

皆さんは、このような教育を中学、高校、あるいは大学で教え込まれてきたのです。しかしこの教育の行き着くところは何だったのか?中学や高校のの英語の先生も、TOEIC試験で高得点をとった人も自由に英語が話せない現実を産んでいるのです。
例えば、「彼女は忙しいです」=She is busy.の動詞変化を見ると以下のようになります。
is, was, will be, has been,being
「です」「でした」「なるだろう」「ずっと〜です」「〜であること」
また「彼女はテニスをします」=She plays tennis.の動詞変化を見ると以下のようになります。
plays, played, will play, has played, is playing, playing
「する」「した」「するつもり」「したところ」「している」「すること」

このような学習をしていて、英語という言葉が定着・蓄積できますか?
同じ「する」という訳語は、do, play,take,putなど数えきれない動詞に当てはまります。take a walk,play tennisと覚えるからことばが定着・蓄積していくのです。
そんな学習をしないから、文法ではダメだ、しょせん英会話は一文丸暗記だ、ということになり、英会話学習は果てしのない丸暗記学習となったり、「CDを聞いていればいつの間にか英語が話せる」といったおよそ根拠のない英会話教材の購入へと向かうことになっています。

それでは、ネイティブや私たちと同じ非英語圏のヨーロッパの人たち、インド人、中国人はどのような英会話学習をしているのか?
その答えは簡単です。彼らは動詞だけの変化に注目しないで、「状態や行為をひとまとまりのもの」、つまりフレーズとしてとらえ、それを覚えるのが英会話学習だと考えています。
彼らは、Be home.「家にいなさい」という表現を耳にすると、I will be home. I want to be home. I like being home.と簡単に表現展開します。なぜならI willとかI want toはbe homeが、あるいはlikeにはbeing home.が結びつくトレーニングをしているからです。さらにShe has toが「ねばならない」とか、またYou have only toが「しさえすればいい」という意味だ知るとそれを使って表現するのが英会話学習だと考えているです。
You have only to be home. 
家にいさえすればいいのよ
もちろんこれはbe careful「注意する」でも、take a walkで、play tennis,do the shoping「買い物をする」でもまったく同じです。
私たち日本人は文法にこだわり過ぎて英語が話せない、一方インドや中国の人、あるいはネイティブさえも、多少動詞の変化を間違っていても言いたいことは言える、これが私たちと彼らの根本的な違いです。

●動詞フレーズの変化ととらえるファンクションメソッド
そしてこれが英語発想だ!
[A}be動詞系列の展開
(1) She is home. 
存在する、家に
(2) She was home. 
存在した、家に
(3) She will be home. 
するつもり、家にいること
  She wants to be home. 
欲する。家にいること 不定詞
 * She likes being home. 
好む、家にいること 動名詞
(4) She has been home. 
持っている、家にいたことを

[1] (am, are, is) home 
家にいる
[2] (was, were) home 
家にいた
[3] be home 
家にいること
[4] being home 
家にいながらのこと
[5] been home 
家にいたこと

[B}一般動詞系列の展開
(1) She takes a walk. 
(ふだん)散歩する
(2) She took a walk. 
散歩した
(3) She will take a walk. 
つもりだ、散歩すること
  She wants to take a walk. 
欲する、(これから)散歩することを 不定詞
(4) She is taking a walk. 
存在する、散歩しながら
 * She likes taking a walk. 
好む、散歩しながらのことを 動名詞
(5) She has taken a walk.
持っている、散歩したことを

[1] take(s) a walk 
(ふだん)散歩する
[2] took a walk 
(その時)散歩した
[3] take a walk 
散歩すること
[4] taking a walk 
散歩しながら(のこと)
[5] taken a walk 
散歩したこと

英語のしくみはあきれるくらいシンプルで合理的なものです。
以上のように英語にはbe動詞系列と、一般動詞系列の2つしかありません。
さらに、英語には4つの時制があるだけです。
4時制
そしていったんその「英語の枠組み」を身につけたら、どんなフレーズもその枠組みで展開できることになります。
ファンクションメソッドによる市販の本も、あるいはすべての教材がファンクションフレーズと動詞(補語)フレーズの二色刷りになっているのは、そんな英語発想を身につけていただきたいからです。

参考に以下の教材をご覧ください。ここにはplay tennisの表現表現をあげています。ちなみに表現の90%以上がplay tennisという原形動詞フレーズを使ったものとなっています。これが先に述べた「動詞の変化を多少間違っていても英語は通じる」という根拠を示しています。
 「コミニカ中学英語基礎編」


スポンサードリンク
posted by cominica at 11:21 | Comment(0) | 英語脳の構築[英語の九九とは] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月20日

これが英語の発想だ


● これが英語の発想だ !

 日本語と英語の発想の違いを汽車にたとえて説明しよう。
英語の発想では、主体(主語)と情緒的な意思は機関車であり、行為や状態を表す部分は客車だ。つまり、英語では、機関車だけでその主体と情緒的な意思を宣言してしまい、客観的な行為や状態を表す客車部分は機関車と切り離されている。これが英語の発想だ。

 一方日本語の発想では、機関車そのものが分離されていて、先頭の機関車は主体(主語)で、情緒や意思を表す部分は最後部におかれる。いわば二重連の機関車が引っ張っているようなものだ。したがって日本語では、最後まで聞かなければ、「〜しなければならない」とか「〜はしてはいけない」といったことはわからないことになる。また、動詞と目的語の語順も異なる。

[英語の発想]
    [機関車]       [客車]
  主体+情緒的な意思   +  行為

  I   will      help you
  (私は〜するつもりです) (あなたを手伝う)

[日本語の発想]
    [機関車] [客車]    [機関車]

  主体  +  行為   +  情緒的な意思
  私は あなたを手伝う    つもりです
  (I )  (you help)    will

 英語の発想では、機関車の部分に主語と意思、情緒、時などを表すフレーズがきて、これによって次に連結される客車。つまり動詞フレーズを意味的に限定してしまう。
 この機関車の部分(日本語における主語と情緒的な意思を宣言する意味ある単位)を「ファンクションフレーズ」、それに続く客車の部分を「動詞フレーズ」と私は呼んでいる。

スポンサードリンク
posted by cominica at 14:00 | Comment(0) | 英語脳の構築[英語の九九とは] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月21日

あなたは、(今まで)テニスをしたことがないのでしょう?


[お知らせ]
当研究会発行の教材をご購入される方に


現在ご購入画面に不都合が発生しています。
購入画面でカートの中身「只今カート清算中です」との表示が出ていても、そのまま「オーダー送信」ボタンをクリックしてください。
現在国内送料無料となっていますので、ご注文内容に何らの変更はございません。
現在不都合の解消作業をしていますが、ご注文にはまったく支障はありません。

教材をご購入いただいた方、全員にIDとPasswordをお知らせして学習していただけます。

「コミニカ中学英語基礎編」オンライン講座受講生募集

今まで、be動詞フレーズの現在形と過去形、未来形、そして現在完了形について述べてきました。
各時制での肯定、否定、疑問、付加疑問、否定疑問形についての学習だったことは言うまでもありません。

前回「今回を持って英語脳構築に関する記事は終わりとします。次回からはまた個別の学習となります」と書きましたが、大切なことを忘れていました。

英語発想には、be動詞系列と一般動詞系列の二つがあります。
その一般動詞系列のものを忘れていました。

今回から一般動詞系列のものについて述べます。
今回は現在完了形のものです。

もちろんここでも各時制での肯定、否定、疑問、付加疑問、否定疑問形についての学習をすることになります。

まず、以下のテーブルをご覧ください。

テーブルbe動詞・一般動詞共通 現在完了形
table-4 

これらの表は、残念ながら「コミニカ英語教材(基礎編)」や「英語の九九 英会話発想トレーニング」には載っていません。
しかし、これが一般動詞の文におけるファンクションフレーズ(人主語)であり、この教材を製作するに当たってその要となっているものです。

今回は、一般動詞系列の肯定、否定、疑問、付加疑問、否定疑問形のすべてをとりあげます。
その英語の4つの基本時制の一つ、現在完了形です。

be動詞系列のものは様々なパターンがありました。
一般動詞系列のものもパターンといったものはありますが、複雑になるのでplay tennisを使ったものを紹介します。

現在完了形では、「(今まで)〜したことがある」といった「経験用法」、「(ちょうど〜したところだ」といった「完了・結果用法」などがありますがつねここでは「経験用法」のものをとりあげました。

(1) 一般動詞系列 現在完了形 肯定形
未来形は、「(今まで)〜したことがある」など「過去を背負った現在のの事実」を表します。
これに用いるファンクションフレーズは、このテープルの[GROUP-A]となります。

   I have ever played tennis.
   私は、(今まで)テニスをしたことがあります
   She has ever played tennis.
   彼女は、(今まで)テニスをしたことがあります

(2) 一般動詞系列 現在完了形 否定形
「(今まで)〜したことがない」などの意味となります。
これに用いるファンクションフレーズは、このテープルの[GROUP-B]となります。

   I have never played tennis.
   私は、(今まで)テニスをしたことがありません
   She has never played tennis.
   彼女は、(今まで)テニスをしたことがありません

(3) 一般動詞系列 現在完了形 疑問形
「(今まで)〜したことがあるの?」などの意味となります。
これに用いるファンクションフレーズは、このテープルの[GROUP-C]となります。

   Have you ever played tennis?
   あなたは、(今まで)テニスをしたことがありますか?
   Has she ever played tennis?
   彼女は、(今まで)テニスをしたことがありますか?

(4) 一般動詞系列 現在完了形 否定疑問形
「(今まで)〜したことがないの?」などの意味となります。
これに用いるファンクションフレーズは、このテープルの[GROUP-D]となります。

   Haven't you ever played tennis?
   あなたは、(今まで)テニスをしたことがありませんか?
   Hasn't she ever played tennis?
   彼女は、(今まで)テニスをしたことがありませんか?

(5) 一般動詞系列 現在完了形 付加疑問形
「(今まで)〜したことがあるのでしょう?」「(今まで)〜したことがないのでしょう?」などの意味となります。

まずは、主文が肯定形、付加されるのが否定形のもの
これに用いるファンクションフレーズは、このテープルの[GROUP-A]と[GROUP-C]にあげたものです。

   You have ever played tennis, haven't you?
   あなたは、(今まで)テニスをしたことがあるのでしょう?
   She has ever played tennis, hasn't she?
   彼女は、(今まで)テニスをしたことがあるのでしょう?

次は、主文が否定形、付加されるのが肯定形のもの
これに用いるファンクションフレーズは、このテープルの[GROUP-A]と[GROUP-C]にあげたものです。

   You haven't bever played tennis, did you?
   あなたは、(今まで)テニスをしたことがないのでしょう?
   She hasn't played tennis, has she?
   彼女は、(今まで)テニスをしたことがないのでしょう?

さて、今までとは違ってすべてplayed tennisとed形動詞フレーズであることを確認してください。

現在形ではdo,doesが支配し、過去形ではdid、そして未来形はwillだけ、そして現在完了形ではhave,hasが支配します。

これで英語脳構築、4つの時制展開はすべて終わりました。
明日からは、個別の「「コミニカ英作法」に戻ります。

英語ってファンクションフレーズを覚えたら、こんな簡単なものなのです。

「コミニカ中学英語基礎編>」で育った生徒たちがいとも簡単に、教材をこなし、なおかつ英語が話せるようになるのは、こんな簡単な英語のしくみを身につけることができるからです。
これが英語脳の構築ということです。

受講生の方には、続きの表現をご覧ください。

  コミニカ中学英語<基礎編>

オンライン通信講座受講者用ページスポンサードリンク
posted by cominica at 07:00 | Comment(0) | 英語脳の構築[英語の九九とは] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月05日

ファンクションメソッドは、英語発想に最も近いメソッドだ


どうして日本人は英語音痴なのか?

私が好きな評論家,と言っても様々なことをしておられるので肩書きはいいとして、大前研一氏がという方がおられます。

彼の著書の中で,「日本人が英語が話せないのは,英語の先生がいるからだ」と述べられている一節がありました。

私もその通りだと思います。私も「話せもしない英語学習に見切りをつけろ」一光社という少し過激な題名の本を書いたくらいだからです。

その本を読まれた方の中に,大前研一氏のスタッフの方がおられ、後にわざわざ私のHPを見て,メールを送ってくださいました。

彼も大前氏のスタッフの一員ですから英語にはとても造詣の深い方であることは言うまでもありません。

彼は,「ファンクションメソッドは、英語発想に最も近いメソッドだと思います。私が以前使っていたアメリカ口語教本にかなり近いものがあります。ぜひこの本を教材研究としてみてください。」と書かれていました。

実は,私もその本の存在を知っていました。
この本は,動詞フレーズといった説明はしませんが、私のメソッドと同じように,動詞フレーズを元にした英作法を展開している本です。

あるいは、私が最も影響を受けた本は,NEW HORIZON IN ENGLISHという本で、これはアメリカで売られているのですべて英語で書かれています。

この本に以下のようなまとめが載っています。

このブログでは再現がむずかしいですが。

---------------
     I      study
  Do  you    play tennis
     we    go dancing      every day?
     they    get up early
           make lunch
----------------    eat fish
     he    drink milk
  Does she     read the newspaper
     it     get dressed
----------------    watch TV    ---------------
     I      go to school     today?
     you     work         last night?
     we    go shopping      yesterday?
  Did  they    fly to France     last week?
      he                last year?
      she               this morning?
      it
-------------------------
   NEW HORIZON IN ENGLISH 2 P.60/Unit 6/ SIXTYより

どうですか。これが英語発想であり、世界水準なのです。
つまり私の言うファンクションフレーズと動詞フレーズとの組み合わせで英文は成り立っているということです。

「英語の九九 英会話発想トレーニング」や「「コミニカ中学英語基礎編」はこの英語発想を身につけるために製作したものです。

言うまでもありませんが,この本には五文型や「助動詞+動詞の原形」といった説明はまったくありません。
動詞フレーズをそのまま身につけていくことになります。

私がいつも説明のために使っている「テーブル」はすごいものだちょっと自慢です?

オンライン通信講座受講者用ページスポンサードリンク
posted by cominica at 14:35 | Comment(0) | 英語脳の構築[英語の九九とは] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月06日

我が国で最初に取り入れたのが「「コミニカ中学英語基礎編」


今日届いた,当研究会の教材をご購入いただいた方からのメールです。
紹介します。
----------------------
ファンクションメソッドはファンクションフレーズと動詞フレーズの組み合わせという考えに目から鱗が取れました。ありがとうございます。
この教材にもっと早く出会いたかった!!!!!

ぜひともオンライン講座受講をしたいと思いますので、
IDとPasswordをお知らせ頂ければ有り難いと思います。
    東京Aさんより
--------------------------

どうして日本人は英語音痴なのか?の続きです

私たちと同じ非英語圏の人たちが当たり前のように使っているのは、動詞フレーズを「ひとまとまりの意味を持つもの」としてとらえる発想です。

その動詞フレーズをファンクションフレーズと組み合わせで場面に応じた様々な表現をする,これが世界水準です。

それを我が国で最初に取り入れたのが「「コミニカ中学英語基礎編」と言えるでしょう。
1989年に発売以来,ロングセラーを続け今でも注文が引けもとらない事実は,やっとこのメソッドが日本人にも受け入れられたということです。もちろん改訂はしてきましたが。

---------------
  study
  play tennis
  go dancing
  get up early
  make lunch
  eat fish
  drink milk
  read the newspaper
  get dressed
  watch TV
  go to school
  work
  go shopping 
   fly to France
  thank Bill

以上の動詞フレーズを以下のテーブルの[GROUP]に続けて文を生産してください。

 (1) [GROUP-A]に続けると肯定形が
   ※ただし、現在形では、doやdoesをとってstudyやstudiesとなり、過去形ではdidをとってstudiedなどとなります。
   ちなみに、do,does,didにstudyなどをそのまま続けると「きっと〜する」と強調的な意味となります。
 (2) [GROUP-B]に続けると否定形が
 (3) [GROUP-C]に続けると疑問形が
 (4) [GROUP-D]に続けると否定疑問形が
 (5) [GROUP-A]と[GROUP-D]を使うと主文が肯定形の付加疑問形が
   [GROUP-B]と[GROUP-C]を使うと主文が否定形の付加疑問形が

それぞれ現在形,過去形。未来形での表現ができます。

テーブル一般動詞 現在形
table-1 

テーブル一般動詞 過去形
table-2

テーブルbe動詞・一般動詞共通 未来形
table-3

よく非英語圏の人が,次のような表現をすると言われますね。

   I go to school yesterday.
   私は,昨日学校に行ったよ
   I go to school tomorrow.
   私は,明日学校に行くよ

でも彼らはしっかりと自分の言いたいことは英語で表現します。
このテーブルでもわかるし、今まで私も何度も述べてきたように,現在形や過去形という動詞変化は、それらの肯定形だけだということから、こんなことが起こるのです。

この教材で育った生徒たちは、動詞フレーズをそのまま定着・蓄積していくことになります。これは当たり前のことで,教材はすべて動詞単体の変化ではなく,動詞フレーズをとらえるようになっているからです。

ただ、「しくみがわかる」ということと、実際の具体的な文の生産は別次元のことです。「英語の九九 英会話発想トレーニング」では、約3,400の英文の生産が、「コミニカ英語教材<基礎編>」ではそれ以上となっています。

「コミニカ中学英語基礎編>」は書いて覚える教材ですが、これを改訂した教材が「英語の九九 英会話発想トレーニング」です。この教材では、マウスを合わせるとon the deskやof the carなどのフレーズが浮かび上がってきます。
「書く作業」に時間を割けない方向きです。
日本語が流れたらそれを英文にしてください。カーソルを当てると正解のフレーズが浮かび上がります。

ファンクションメソッドは、ファンクションフレーズと動詞フレーズを別のものとしてとらえるメソッドです。この「カーソルを合わせると文字などのフレーズが浮かび上がる」教材はそのために開発されたものです。
またHTML版と言っても、PCの知識は必要ありません。

サンプルで体験してください。音声も聞けますが、ネットでご覧になる場合は、画面が変わる場合があります。(実際の教材では画面はそのままで音声が流れます)
音声は、スピーカーのイラストをクリックし、「カーソルを当てると文字が浮かび上がる」のは、下の段右にある「NEXT」のイラストをクリックしてください。

  ■----GRADE28−01----■

 ブログ「英語の九九 英会話発想トレーニング

[お知らせ]
「コミニカ中学英語基礎編」が大好評につき価格を大幅に改定しました。
全教材が3割引前後となっています。この機会にご購入を検討ください。


  コミニカ中学英語<基礎編>

スポンサードリンク
posted by cominica at 13:22 | Comment(0) | 英語脳の構築[英語の九九とは] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする